読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆けろぐ

Kawasakiを中心としたバイクのカスタマイズブランド「K's-STYLE」の制作サイドの話題など。

紗喜花のモトレポ!#2-2 Enjoy Motorcycle Life in Tokyo

モトレポ! 紗喜花 くぼ

f:id:ksstylebike:20170126113505j:plain

さてさて後半です!

 

前回分はこちら

ksstylebike.hateblo.jp

 

 

二輪車を楽しく乗るための安全教室

14時からはホールで、スペシャルゲストのアンガールズさんを交えてのトークが始まりました。

f:id:ksstylebike:20160303181200j:plain

ピーポくんとアンガールズさんと女性白バイ隊員さん。

 

f:id:ksstylebike:20160303181530j:plain

お二人ともバイクに乗っていたということで、過去に実際に体験した事故やヒヤっとした話などなど。今は忙しかったり免許を失効してしまったりでバイクに乗れていないんだとか。

ピーポくんとアンガールズさんの掛け合いも面白く会場もどんどん和やかなムードに。胸部プロテクターの普及や交通ルール厳守を会場に集まったライダーらに訴え15分ほどでトーク終了でした。

 

余談ですがピーポくんの声がかわいかったです。

 

いやその、わたくし勉強不足でピーポくんは喋らないキャラとばかり思っていて…

え、こんな声なんだ!!みたいな。笑

 

 

ささ、キャプテン!出番ですよ!

f:id:ksstylebike:20160303182509j:plain

左から白バイ隊員クイーンスターズの瀬上巡査長、保谷警部補、大事故でプロテクター着用によって助かった経験のある鋤柄さん、二輪車用品連合会の松原代表理事(アールエスタイチ代表取締役社長)、そして紗喜花ちゃん。

 

f:id:ksstylebike:20160304144835j:plain

f:id:ksstylebike:20160304144841j:plain

 

みなさんの簡単な自己紹介の後、安全装備(胸部プロテクター)の必要性についてというテーマで話し合いが行われました。途中、話題は鋤柄さんの事故体験の話に。

f:id:ksstylebike:20160304121927j:plain

スクリーンに映しだされたのは、激しい事故によって原型を失った鋤柄さんのオートバイ。

 

f:id:ksstylebike:20160304134152p:plain事故当時、たまたまヘルメットは買って2ヶ月ぐらいの新しいものでした。あとはジャケットタイプのプロテクターを着用していまして、それでこの事故に遭ってしまいまして…事故の時の記憶が無くて、目が覚めたら病院という状況でした。

 

f:id:ksstylebike:20160303191408p:plainヘルメットは一度落としたりしてしまうと、衝撃吸収力が100%ではなくなってしまうと言われています。よくヘルメットをスクーターのカゴに放り投げてあるような場面も見かけることがありますが、命を守るものなので大切に扱って、なるべく新しいものを使って欲しいです。この事故はまさに新しいヘルメットとプロテクター、これが鋤柄さんの命を助けたと言えると思います。鋤柄さんは最初からプロテクターを着けて運転しようと素晴らしいお考えで、これは何かキッカケはあったんですか?

 

f:id:ksstylebike:20160304134152p:plain自宅近くに死亡事故が多発する場所がありまして、そこで良く事故現場を目撃していました。ライダーが飛ばされてひどいケガをしたり、それで「これはヘルメットでけではダメなんだな」と思って、プロテクターを自発的に着けるようになりました。

 

f:id:ksstylebike:20160303191408p:plain今はまだプロテクターをしていない方も多いと思いますが、何かメッセージはありますか?

 

f:id:ksstylebike:20160304134152p:plain事故当時の記憶はないんですが、おそらく受け身も取れない状態の一瞬の出来事だったと思うんですね。なのでバイクを乗る人は、ちょっと面倒かもしれませんがヘルメットと同時にプロテクターを着けて頂いて安全運転をして欲しいなと思います。

 

f:id:ksstylebike:20160303191408p:plain東京都内を調査した結果なんですが、着用率はまだ7.1%に留まっているんですね。色々な要因があると思うんですけど、用品の専門家として松原さんはどう思われますか?

 

f:id:ksstylebike:20160304141519p:plainそうですね、装着がちょっと面倒とか価格が高いとかあると思うんですが、1番はやはり胸部プロテクターの重要性の認識がまだまだ足りないということに尽きると思います。皆さん頭部は守らなければいけないというのは同じ認識だと思いますが、胸部も変わらないぐらい重要です。車のシートベルトを着けるのと同じで、ヘルメットを被ってあご紐を締めてプロテクターを装着する。これがオートバイに乗る最低限の条件になってくるんじゃないでしょうか。

 

f:id:ksstylebike:20160303191408p:plain紗喜花さんは女性の立場としてどんなプロテクターがあったらいいと思いますか?

 

f:id:ksstylebike:20170126113715p:plainうーん、そうですね~今は厚みの薄いプロテクターというのもあって、それこそ上から普段着とか着れるタイプのものもあると思うんですけど、女性目線で言うと例えばプロテクターのボタンがハートになっていたりとか、そういうちょっとしたことなんですけど、見えなくても気分は上がるかなーと思います!

 

f:id:ksstylebike:20160303191408p:plainなるほど!女性の貴重な意見なので、松原さん製品化の参考にして頂きたいと思います。

 

f:id:ksstylebike:20160304141519p:plainそうですね!

 

f:id:ksstylebike:20170126113715p:plainぜひよろしくお願いします!

 

f:id:ksstylebike:20160303191408p:plain警視庁ではプロテクター推進隊というものを結成して活動しているんですけども、昨年それから今年と、アマゾンさん、アクサ保険さん、ハーレーさんなどにも参加して頂いて現在は5団体30事業所の方々に協力してもらっています。いつかは「プロテクターを着けないで運転して良い時があったの!?」と、そんなときが来ればいいなと思っています。みなさん職業はそれぞれ違いますが、今後とも推進をお願いします!本日はどうもありがとうございました。

 

 

約20分ほどのトークショー。会場の客席の皆さんもプロテクター着用についてはかなり関心があるようで、保谷警部補の話に深くうなずいたり最後まで真剣に聞いている様子でした。最後は帝京大学吹奏楽部の皆さんのステージでイベントは無事終了。

 

最後の挨拶が終わり、舞台裏では憧れの白バイ隊員のお二人と記念写真をパチリ!

f:id:ksstylebike:20160304145328j:plain

アクセルぶんぶんのポーズ?笑

人馬一体でバイクを操る!本当にかっこいいですよね~。紗喜花ちゃんも興奮気味の様子でついつい話が弾んでしまい立ち話になってしまいましたが、プライベートなことも含めて(!?)楽しい話をたくさん聞くことができました~

本日は皆さんありがとうございました!

 

次回はいよいよ東京モーターサイクルショー!3/25(金)と3/26(土)に行く予定です!

25(金)は取材&撮影、26(土)は警視庁ブースにて紗喜花キャプテンがトークショー出演します!詳細は後日お知らせしますね!

 

 

紗喜花プロフィール

f:id:ksstylebike:20160304150214j:plain

1994年10月19日生まれ。神奈川県出身。愛車はKAWASAKIのZRX400。両親の影響でバイクが大好きになり、自身の体験を通じてバイク業界の楽しく興味深い情報を発信中!モデルとしても活躍。イベントやバイク専門誌にも出演予定で今後が期待されている。現在、大型二輪免許取得中。

紗喜花 (@sakikasss) • Instagram photos and videos

紗喜花 (@sakikasss) | Twitter

紗喜花の『納豆チャージで今日もスマイル!』

  

この記事を書いた人:くぼ