読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆けろぐ

Kawasakiを中心としたバイクのカスタマイズブランド「K's-STYLE」の制作サイドの話題など。

Ninja ZX-14R 30th リミテッドエディション レプリカ

くぼ 施工例

どうもです。

ここ数ヶ月でカワサキバイクマガジン・ヤングマシン・ビッグマシン・ライダースクラブなどを中心にいくつかのバイク専門誌にてK's-STYLEの広告を出稿させてもらってます。

前職がデザイン関係の仕事でDTPもやっていたので入稿データもイラレでポチポチと自分で作っとるんですよーーー

f:id:ksstylebike:20141222185945j:plain

これは前回のライダースクラブの原稿↑

イラレも昔と比べると、だいぶインターフェイスも変わって使いやすくなりましたなー。

ブランディングを構築していく上で、イメージ戦略というのはやはり外せないファクターですので、現段階では外部の人間にお任せしないで時間が許す限りチーム内で突き詰めて考えます。もちろん納期があるので、大変だけど楽しい作業。ここ最近はディレクションメインで動く場面が増えてきているけど、自分としてはこうしたプレイヤーに没頭できる時間というのもモチベーションを保つという意味では必要な部分かなあ。

 

KawasakiのNinjaシリーズが30周年を迎えて、記念モデルがUSで発売になりましたね。1984年に発売したGPZ900R。当時、世界最速だったこのマシンこそ、今やカワサキの代名詞となった「ニンジャ」の称号を与えられたファーストモデルです。

f:id:ksstylebike:20141222190158j:plain

その初号機が纏っていた「ファイヤークラッカーレッド×メタリックグレーストーン」が完全復活!ということで注目されてます。んま、今はNinja H2の話題の方が大きいので若干かき消されつつありますが。。

ただ、この30周年記念モデルはUS仕様のみで、日本に限定的に入荷がされたとしても、金額がかなり高価になります。

そこで!K's-STYLEではこのUS仕様の車輌外装を取り寄せ、独自にモデリングして、レプリカを製作しましたYO!ここ最近のK's-STYLEの広告の中にも掲載させてもらってます。もちろん純正と同じ塗料、工程で塗装してます。エンブレムも純正のものを使用してますので、もうほんとUS仕様のカラーをそのまま再現したという形になります。当然ですが補修も純正のUS仕様のパーツがそのまま使えますので安心です。

f:id:ksstylebike:20141222190048j:plain

f:id:ksstylebike:20141222190252j:plain

f:id:ksstylebike:20141222190303j:plain

f:id:ksstylebike:20141222190312j:plain

f:id:ksstylebike:20141222190326j:plain

f:id:ksstylebike:20141222190406j:plain

f:id:ksstylebike:20141222190422j:plain

ただ、東南アジア向けモデルにペイントをしますので、写真を見比べてみてもらえればお分かりの通り、デフォルトの状態ではところどころ車輌の仕様やパーツの色が違います。なので、より本物に近づけたいYO!という方のために、キャリパーへの塗装、ディスクローターへの塗装、ゴールドのリムテープ、あとはシングルシートカウル、アンダーカウル延長KIT、トップキャップ等も追加オプションということで設定させてもらってます。

 

印象的な配色とゴールドのピンストライプ。まさに記念モデルと言うに相応しい特別モデル。カスタム費込みの車輌定価は¥1,820,000(税抜)となっていますので、興味があればお近くのK's-STYLEショップまでお問い合わせ下さいな!

 

あ。。でもそういえばまだオフィシャルサイト内でこいつを紹介するページが作られてない orz

 

急いで作ります!笑